家造りの第一歩はまず自分の理想の家を考えること

理想の家のイメージが湧いたら専門家と相談

マイホームを持つことは多くの方が一生に一回というくらいの大事業です。
そのような家造りをするにあたってまずあらかじめ知っておきたいことがあります。
それが家造りのための様々な工法です。
こうした工法はよくどれが優れていてどれが劣っていると言われがちですが実はそうではなく、どの家造りにもメリットとデメリットがあります。
それらを踏まえたうえで自分の理想の家造りに一番近いものを選ばなくてはいけません。

一口に家造りといってもさまざまな要素があります。
地震や火事などの災害に強い家を建てたいのか、木の香りがするナチュラルな家に住みたいのか、間取りの広い家に住みたいのか、断熱性の高い暖房効率のいいエコロジーな住宅がいいのか、輸入住宅風の可愛い外見の家がいいのかといった家造りのプラン、ひいてはライフプランをしっかりと決めてどのような家を建てたいのかということを明確にしておきましょう。

こうした理想の住まいを叶えるために重要なものが構造と工法です。
構造とは使う素材によって分けられ、工法はその建て方によって分けられます。

主な構造としては木造、鉄骨造、コンクリート造などがありますが最近ではより細分化され、気泡を含んだ軽量のコンクリートや、H型の軽量鉄骨などさまざまな素材が出てきてより自由度の高い構造の住まいができるようになってきました。

また家造りの工法としては日本で古くから行われている木造在来工法、北米からの輸入工法であるツーバイフォー工法、工場で素材を作るプレハブ工法などが主なものです。

それぞれに特徴がありできることとできないことがあります。
例えば家造りをする予定の土地に接する道路の幅によって、また地盤などをチェックして十分な強度がないとできない工法もあります。
その土地によってもできる家造りとできないものがあるのでそこからも工法は絞られてきます。

木造在来工法は日本で一番多く行われているもので多くの方の家造りに選ばれているものです。
古くから行われている工法に採算性を加味して強度を出した、とても日本の風土にあった家造りと言えます。
さらにこの木造在来工法はその自由度が高く間取りも間口も比較的融通が利くので将来リフォームをしたいという方にも最適です。
素材の自由度も高くさまざまな材料や設備、内装を多種多様な中から選べるので細かく予算に合わせた家造りもできます。
さらに木材は伐採されたあとも呼吸を続けますので木造の家は室内の湿度が高まると木が吸湿し、乾燥してくると湿度を室内に与えてくれるというナチュラルな湿度調節作用もあるのです。

ツーバイフォー工法は北米からやってきたおしゃれな外観を持つ地震に強いもので、木造枠組壁工法ともいい壁や床をパネルのように組み立てて行くのが特徴です。
このツーバイフォーでは壁全体が建物を支える構造物となるので丈夫で耐久性の高い家造りが可能になりますがこの壁のために間口を広く取れなかったり開口部が狭く将来の間取りを変えるリフォームなどには不向きと言えます。

そしてプレハブ工法の特徴は木質系、鉄骨系、コンクリート系とさまざまなものがありますがどれも工場で品質管理が十分されて作られた材料ですから質が一定でバラつきがないことが最大の特徴です。
こうした工場で作った材料を現場で組み立てて行くシステムですから家造りがスムーズにいくというメリットがあります。

鉄骨系は耐久性が高く丈夫で地震や火災に強い家造りを叶えてくれるのです。
ただし木造住宅に比べてコストは上がります。
このようにさまざまな工法のメリットデメリットを知り自分の建てたいマイホームと比較することでどれを使った家造りをするのが一番自分に合っているのかを決めることができるのです。